公益財団法人日本国際協力財団は、公益事業目的として「国際協力事業」と「国際交流事業」 の2つの事業を柱に、発展途上国の自立的発展と福祉の増進に寄与し、国際社会の相互の理解を求めて事業展開をしています。

国際協力事業

民間援助団体支援事業

  • 国際協力NPO助成制度(公募)一般型
    発展途上国における農業、教育、医療、福祉等の問題解決のために、現地の人々とともに活動しているNPOに対する助成制度。これまでに世界約80ヶ国において40団体以上への支援を実施

     

  • 国際協力NPO助成制度(公募)特別支援型
    当財団と志向を同じくするNPOやNGOと発展途上国の問題解決のために協働関係を築き事業を実施する助成制度

     

  • 国際協力NPO/NGO成長型事業(非公募) 
    東南アジアや他の発展途上国を中心に活動する本邦NPOやNGOまたは現地NGOと協働関係を築き事業を実施する事業形態で、一般型の助成制度等で支援後、更に支援を継続することで効果を現地に定着させることが期待できる事業への助成

医療・保健改善事業/民生・福祉向上事業

  • コロンビア: 
    2007年、総合福祉施設建設支援、2012年には日本の伝統的武道普及のための武道館新築支援

  • ブラジル:
    1988年よりサンパウロ、サントス、ベレン、西部アマゾニア等で医療・福祉事業を展開し日伯友好病院建設支援、2013年から日系高齢者の介護・福祉施設の整備事業支援

  • パラグアイ:
    1995年日系老人の福祉や医療施設の拠点となる神内社会福祉センター建設支援、2012年には老朽化した施設の改装支援。

  • ペルー: 
    1990年のペルー新報社へのオフセット印刷機寄贈に始まり、先駆移住された一世の方々の苦労に報い、感謝の念を永く後世に伝えるために、先駆者センターの建設を支援、日系移民百周年記念病院建設支援。

  • ボリビア:
    2012年よりサンファン移住地 (Colonia San Juan)の日系高齢者ケアセンター建設、オキナワ移住地 (Colonia Okinawa) の医療福祉センター入院棟増改築支援

農業・農村開発事業

  • ​中国寧夏回族自治区:牧畜農家支援事業
    牧畜農家の収入向上を目的に、肉牛の飼育技術、品種改良、組合形成等の技術移転および販売流通システムの構築支援

     

  • バングラデシュ国ラジシャヒ市:包括的なアプローチによる村落開発事業ラシャヒ県ゴダガリ(Godagari) 地区の村落を対象に、農業・農村開発、教育振興、保健医療、インフラストラクチャの多分野から包括的な支援を実施し、早期に自立的な発展を遂げることを目指す
     

  • 中国:中華農業科教基金
    中国農村における農業技術の普及・向上を目的とした農家及び農業技術指導員への各種支援

  • ​アフリカウガンダ共和国:グル県およびオモロ県の小規模農家を対象とした、酪農技術の普及とマイクロリーシングによる収入多角化支援  

教育振興・支援事業

  • アジア各国:奨学金助成事業 
    タイ、カンボジア、ベトナムの困窮学生に対する奨学金の支給及び香川大学の留学生への奨学金支給

  • カンボジア国シェムリアップ:OJTによる人材育成事業
    カンボジア国内の貧困層の若者やNGO/NPOの訓練生やスタッフを対象に、OJT研修とスキルトレーニングによる人材育成事業

  • 中国佳木斯市:日本語教育の推進及び日本語学校の自立運営支援

  • 中国吉林農業科技学院の困窮学生に対する奨学金支給、技術指導員・農家の奨励金制度支援

  • 黒龍江省:教育支援基金及び黒龍江省の小中高等学校の図書館設備整備による読書環境向上支援事業


 

国際交流事業

蘭桜会、過去事業関係者との交流事業

 

中国からの帰国婦人の交流を目的に開催する親睦会の支援を行っています。

これまでの実績

これまでの主な国別事業実績 (本財団設立前の活動を含む)

こちらからご覧ください。(PDF)

事業概要

公益財団法人日本国際協力財団